老人性イボの顔イボを取る成分5選!アレルギーの注意点は?

 

顔にできた小さなプツプツや盛り上がったシミ。

 

鏡をのぞくたびに目に入るので、余計に憂鬱になります。

 

小さなニキビかしら?と思って皮膚科へ行くと、

イボだと言われて、驚いたことはありませんか?

 

顔イボにはウイルス性イボと老人性イボの2種類があります。

 

老人性イボは、普通のイボと何が違うのでしょうか?

 

顔イボに効果のある成分とは何だと思いますか?

 

アレルギーも心配ですよね。

 

 

顔イボに代表される老人性イボ のこと、

治療に効果のある成分とアレルギーについて調べました。

 

 

 

若いのに老人性イボができる?!

顔イボの原因は大きく分けて2つあります。

 

 

1.ウイルス性

ヒトパピローマウイルス呼ばれるウイルスが原因でできる顔イボ。

ウイルスにはいくつかの型があり、型によって顔イボの名称が異なります。

 

子供から年配の方まで年代に

関係なくできるのが、ウイルス性の顔イボの特徴です。

 

一般的なウイルス性の顔イボに「扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)」があります。

 

疣贅(ゆうぜい)とはイボのことです。

 

文字通り、平たいイボです。

 

顔にできた小さな傷口から

ウイルスが入り込み、顔イボができてしまいます。

 

何の気なしに顔をポリポリと掻いたり、

ムダ毛を処理しようとしてカミソリで傷つけたりしていませんか?

 

誰でもなりえる顔イボです。

 

皮膚科で治療することをおすすめしますが、

炎症を起こしてから2週間くらいで自然に治ることもあります。

 

 

 

2.老人性角化腫

加齢が原因でできる顔イボで、

茶褐色や黒い色をしていることが多いです。

 

放置しても問題ありませんが、

年を取るほど、見た目にも気を配り周囲の人たちに

気持ちよく受け入れてもらったほうが幸せですよね。

 

また紫外線が原因で白っぽい粒が

目の周りにできる顔イボもあります。若い方でもできることがあります。

 

>>老人性角化腫なら専用コスメで!

 

 

 

老人性イボの顔イボを治したい!有効成分は何?

ヨクイニン

はと麦に含まれており、

「コイクノライド」という有効成分がイボ取りに効くといわれています。

 

ヨクイニン入りの化粧品を使う他、

食品として取るのも効果があります。

 

 

オウバクエキス

黄柏(おうばく)という、古くから日本に自生するミカン科の樹木です。

漢方薬の成分として樹皮を煎じて飲まれてきました。

 

炎症を抑える効果があることから、イボの他、ニキビの治療にも使われてきました。

 

 

ドクダミエキス

恐ろしげな名前ですが、ハート型のかわいい形の葉で小さい白い花がつきます。

 

お茶として煎じると大変苦く、まさに「良薬は口に苦し」です。

 

殺菌作用、抗酸化作用があり、

毒を輩出するので、イボや水虫を治療するのに役に立ちます。

 

 

杏仁(あんにん)オイル

杏子の種から抽出したオイルで各種脂肪酸が豊富に入っています。

オレイン酸⇒肌の若返りを促進

リノー ル酸⇒皮膚の乾燥を防ぎ肌が角質化するのを防ぐ

ステアリン酸⇒皮膚に油分を補う

パルミチン酸⇒紫外線から肌を守る

 

 

馬油(バーユ)

馬から抽出した脂肪成分で、肌になじみやすいです。

 

殺菌作用、消炎作用があるため、

昔からひび、あかぎれ、やけどに効果があります。

 

患部につけても、ピリピリと痛むことがありません。

 

保湿効果があるのでイボにも効くといわれています。

 

人間の体内では作ることができない脂肪酸ですが、

人の皮脂と大変似ています。

 

最初はベタつく印象がありますが、

すりこむうちに肌の中にす~っと消えていくような感じです。

 

セラミドが含まれており肌の保湿にも役立ちます。

 

 >>有効成分が5倍配合の人気コスメなら!

 

 

 

 

老人性イボ・顔イボに効果のある成分 アレルギーの心配は?

自然由 来の成分とは言え、

アレルギーが出たりすることがあります。

 

(ヨクイニン)

はと麦に由来するので、

イネ科アレルギーがある人は発疹が出ることがあります。

 

アレルギー症状ではありませんが、

体が冷えたり、胃腸の働きが活発になりすぎてお腹がゆるくなることがあります。

 

 

(ドクダミエキス)

ドクダミをお茶として飲む場合、

カリウムが多いので腎臓機能が低下している場合はおすすめしません。

 

お腹がゆるくなることもあるので、

健康にいいから」と思って、飲みすぎないように気を付けましょう。

 

 

一般的には西洋薬より漢方薬のほうが

効き目が穏やかだと言われていますが、

 

ドラッグストアで気軽に買うことができる漢方薬は、

複数の成分が混ざっていることが多いです。

 

必ず薬剤 師に確認してから買うことをおすすめします。

 

 

アレルギーや副作用が心配な方は、

イボ取り効果のあるジェルやクリームを使うのもおすすめですよ。

 

 

というわけで、昔から愛用されていた成分で、

老人性イボである顔イボは治せることがわかりました。

 

 

イボに効果があると言われる成分の中には

アレルギー症状が出る成分もありますので、お気を付けください。

 

 >>イボ取り専用人気№1コスメなら!

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ