艶つや習慣プラスは小じわにも効果があるって本当?

加齢と共に出きるイボですが、

艶つや習慣プラスが効果的と話題になっていますが、

小じわにも効果があったと口コミに寄せれられています。

 

どうして、イボに効果のある

艶つや習慣プラスが小じわにも効果がでたのでしょうか。

 

小じわが出きる原因は

肌のバリア機能が壊れ、保湿力が弱まる事で出来ます。

 

その対策として、肌のバリア機能を

正常にして、肌に潤いを与える事になります。

 

艶つや習慣プラスの成分を見ると、

イボに効果がある成分も角質ケアに効果がある事、

 

他の成分も肌に必要な

保湿成分である事を考えると、小じわにも効果がありそうです。

 

そこで、艶つや習慣プラスの成分と

小じわの出きる原因について詳しく見て行きましょう。

 

 

艶つや習慣プラスの成分をもう一度、おさらい!

以前の“艶つや習慣“の成分を

5倍も配合してパワーアップしたのが艶つや習慣プラスです。

 

主な成分として・・・

 

*あんずエキス

あんずの種を絞って得られたオイルの

バルミトレイン酸を従来の製品の5倍配合。

バルミトレイン酸はバリア機能を正常にする効果があります。

 

*ハトムギエキス

昔からイボに効果的と言われている成分です。

これも、従来の製品の5倍配合されています。

角質ケアと代謝を上げる効果があります。

 

*肌に潤いを与える成分として、プラセンタエキス

 

*保湿効果の高いアロエベラ

 

*1gで6ℓもの水分を保つと言われるヒアルロン酸

 

これらの成分が、肌の角質ケアを行い、

潤いやハリを与え、キメを細かくし、しなやかな肌にしてくれます。

 

この働きが、一つになって

内容量120gの中に98%も配合されています。

 

更に、オールインワンだから、毎日のお手入れも簡単です。

 

 

 

小じわの出きる原因の思っている誤解!

小じわは、肌の表皮の部分に出来ますが、

早めの対処をしなければ、より深いしわになってしまいます。

 

表皮に出来た小じわは、

放っておくと真皮まで達していきます。

 

通常は、表皮の角質細胞がバリア機能をしてくれるのですが、

この角質細胞が乾燥して小じわができます。

 

*肌のバランスは、角質細胞の3つの成分が機能して保たれています。

 

1:角質間細胞脂質

主にセラミドで出来ています。

この成分は細胞と細胞をつなぐ役割を持ちバリア機能を果たします。

 

水分保持能力は80%で、

肌を保湿する上で最も重要な成分になります。

 

 

 

2:天然保湿因子

角質細胞の保湿の役割がありますが、

紫外線やストレスで働きが悪くなります。

水分保持能力は18%です。

 

 

 

3:皮脂膜

皮脂と汗が混ざって肌を守ります。

水分保持能力は2%と高くありません。

 

 

 

小じわ対策で必要なことは何!?

小じわ対策は、肌の保湿をどれだけ保てるか?になってきます。

 

そして下記の事に気をつけましょう。

 

*気温・温度の変化に気をつける

*質の良い睡眠を取る

*洗顔は優しく丁寧にする

*自分にあった保湿化粧品を使う

 

これらの事から、小じわが艶つや習慣プラスで改善出来たのは、

イボを取るだけでなく、肌のバリア機能を高めたり、

保湿が充分出きる成分で出来ているからといえますね。

 

 >>艶つや習慣プラスで肌バリア機能を高めるなら♪

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ