知っておこう!あなたの肌質はどのタイプ?

皆さんは、自分の肌質をご存知ですか?

私はずっと自分は脂性肌と思っていました。

 

しかし、ある時、ホウレイ線や髪の生え際に

赤いブツブツが出来て、とても痒くなり皮膚科を受診すると・・・

 

おとなニキビ!!と言われ驚きました(笑)

 

若い人にしか出来ないと思っていたニキビがこの年で出来るのかっ!?

 

いや、まだ肌は若いのかもしれない!と期待しつつ、

とネットで調べ、年を取ると乾燥が原因でニキビが出来ると初めて知り、

 

若い肌では無かった・・・

と言うショックで暫くは現実を受け入れられませんでした(笑)

 

そこで、気を取り直して!

今まで使っていた、さっぱりタイプの基礎化粧品を辞め!

 

①しっとりタイプに変え!

②最後に保湿クリームを塗る!

と言うケアに変えた所・・・・綺麗に治ったのです♪

 

 

この様に、自分が思っていた肌質と

違うケアをしていた事が原因で、

肌トラブルを起こしている可能性もあります。

 

そこで、肌質について詳しく解説していきます。

 

 

 

自分の肌質は?

肌質は肌が持っている水分量と皮脂の量できまります。

 

*普通肌

肌の水分量が高く、皮脂量が少ない

 

*乾燥肌

肌の水分量が少なく、皮脂も少ない

(乾燥肌が酷くなってバリア機能が低くなっているのが敏感肌です)

 

*脂性肌

肌の水分量が多く、皮脂量も多い

 

*乾燥肌脂性肌

肌の水分量が少なく、皮脂量も少ない

 

 

☆肌質チェック法

洗顔した後、春から夏なら10分、

秋から冬なら5分程度スキンケアをせず、そのままの状態でいます。

 

(普通肌)

全体的にしっとり感があって肌がつっぱらず、Tゾーンのテカリも無い

 

(乾燥肌)

全体的につっぱりを感じ、特に目元、口、頬などがカサ付く

 

(脂性肌)

しっとりしていて、ツッパリも無いが、全体的に脂っぽい

 

(乾燥肌脂性肌)

Tゾーンだけ脂っぽく、目元、口元、など特定の場所にカサ付きがある

美しい肌を保つには?

*美肌を保つには、角質層を健やかに保つ事です。

 

角質層は、肌の一番外側にあって、

乾燥や紫外線など外的刺激から守ってくれます。

 

その角質層をきちんとケアする事で、

いつまでも若わかしい肌を保つ事ができます。

 

それには、きちんとした朝晩の

お手入れがとても大切になってきます。

 

・まずは化粧水の効果を出す為に、洗顔で汚れを落とし清潔に!

・肌に充分な潤いを与える化粧水を付けたあと乳液を!

・朝は、外の紫外線から肌を守るケアも必要です!

・夜は、お手入れの最後に、潤いが逃げない様にクリームを付け肌を保護!

 

これは、基本的なやり方で、全ての人に当てはまるとは言えませんが、

自分の肌に応じた化粧品を使って、正しいエイジングケアを行いましょう。

 

如何だったでしょうか。

自分の肌質を知る事で、自分に合ったお手入れが出来ます。

 

また、その事で健康な肌を取り戻し、

いつまでも綺麗な肌で過ごす事も出来る様になります。

 

幾つになっても、若く見られたいですよね♪

 

それには、若いうちの正しいスキンケアが必要になって来ますが、

若い時は綺麗な肌なので、お手入れも面倒かも知れません。

 

しかし、何年か後の自分の肌を想像して、

今のうちにお手入れをしておいた方がいいですよ。

 

 >>今のうちからコスメでお肌対策する!

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ