さあ!40代、50代の肌はどうなっていく?

年を取ると、鏡を見るのも嫌になってきませんか?

でも、嫌でも朝晩顔を見てお手入れはしなければいけませんよね。

 

段々増えてくるシワやシミ、

気付けば首の辺りにブツブツのイボ。

 

いくらお金をかけても変わらない・・・

20代のあの張りのあった肌はどこへやら・・・

 

そんな方に、加齢と共に肌はどう変化して行き、

どうすれば良いかお話して行きたいと思います。

 

 

40代・50代の悩みに共通していること!

*首周りのイボ

これは、肌の生まれ変わりであるターンオーバーが狂って来る事が原因です。

 

20代までは約28日間で剥がれ落ちる角質が、

年齢と共に時間が掛かり、

 

剥がれて落ちるはずの角質がとどまり、

皮脂と一緒になったのがイボです。

 

また、アクセサリーや洋服の摩擦、

紫外線などの外的刺激も原因の一つと言われています。

 

 

*しわ

これも、肌のターンオーバーの乱れが

原因の一つに挙げられます。

 

また、加齢と共に皮脂の分泌量が減少し、

角質層のセラミドと言われる成分が減少する事も原因と言われています。

 

 

*シミ

シミの原因も肌のターンオーバーの乱れがあります。

それが元でメラニン色素の排泄が遅くなる事でシミになるといわれています。

 

 

肌の仕組みは??

それでは、肌の構造を勉強していきましょう。

 

*肌は大きく分けて表皮と真皮に分かれます。

 

表皮は一番内側から

・基底層(きていそう)

・有棘層(ゆうきょくそう)

・顆粒層(かりゅうそう)

・角質層(かくしつそう)

となっていて、肌のターンオーバーは

一番外側の角質層が剥がれて行くことを言います。

 

このターンオーバーのサイクルは20代で約28日間、

30代~40代で約45日間かかると言われています。

 

また、角質層は約10~20層の角質細胞で出来ていて、

その間をセラミドと言う保湿成分が

セメントのような役割をして肌を乾燥や外的刺激から守ってくれています。

 

そして表皮を支えているのが真皮ですが、

コラーゲンと言うたんぱく質で出来ていて、

 

隙間にはヒアルロン酸と言う成分があり、

肌の内側の水分を保つ役割を持っています。

 

これらの事から、年を取ると、表皮のターンオーバーが遅くなり、

角質層のセラミドが減少して、肌荒れや小じわの原因に・・・

 

角質層が残る事でシミやシワに・・・

メラノサイトの活性化でシミが出来る・・・

 

と判りますね。

 

また真皮ではコラーゲンが減少する事で

肌の張りや弾力が失われ、シワやたるみの原因になると言われています。

 

 

 

改善法とは一体!?

まず、どのトラブルも肌のターンオーバーが

狂う事に原因がある様ですので、

 

このターンオーバーを正常にする事が大切になって来ますが、

それには、

・規則正しい生活

・ストレスを溜めない

・きちんと睡眠を取る

など、当たり前のことですが、ここは大いに関係してきます。

 

また、肌ケアとして重要なのは保湿と紫外線対策になります。

 

肌が必要としている成分で肌を潤し、

乾燥しないように保湿剤などでバリアを張り、

 

紫外線対策としてUVケア商品を使う・・・

などの工夫が必要になります。

 

早め早めの対策が、いつまでも若い肌を保つ為に大切ですね。

 

 >>コスメでお肌トラブルを改善してみる♪

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ