腕やお腹のイボを見逃すな!本当に老人性イボなの?

顔や首にできると言われている老人性イボですが、

腕やお腹にできたイボは果たして老人性イボなのでしょうか?

 

お腹には紫外線なんて当たりそうもないので、

ひょっとして何かの病気でしょうか・・・?

 

 

 

老人性イボが腕にもできる?!

老人性イボができる原因のひとつが、紫外線。

半袖のシャツを着ていたら、

腕に紫外線が思い切り降り注いでいますね。

 

お顔には日焼け止めを塗ったり帽子を被って

気を付けることが多いのですが、

「ちょっと洗濯物を干すだけだから」と気軽に腕を出したまま、外へ出ていませんか?

 

毎日、少しずつ紫外線に腕をさらしていると、

年を重ねて抵抗力が落ちた時、

 

肌の新陳代謝が遅くなってきた時に、

シミや老人性イボが腕に現れ てしまうというわけです。

 

 

もう、腕に老人性イボを作らせない!

紫外線を腕に当てないことが一番ですが、

そうは言っても暑い日に長袖なんか着ていられませんよね。

 

日傘やメッシュタイプの

アームカバーなら、暑苦しくないですよ。

 

私はメッシュタイプのアームカバーをいつもバッグの中に入れています。

 

実は、冷房で寒くなった時にも、

冷えやすい手首や肘をカバーできるアームカバーが役に立ちます!

 

メッシュタイプの他に、

指だけ出せるアームカバーも100円ショップで見つけました。

 

これなら紫外線対策をしながら、スマホを見れますね。

 

紫外線を防ぐだけでなく、

肌の内側からも健康になりましょう。

 

タンパク質やビタミンのバランスが

整った食事を、きちんと取 りましょう。

 

決まった時間に食事が取れない方におすすめなのは、

トマトジュース。紙パックでささっと飲める物もありますよ。

 

そして、腕もスキンケアすることを忘れないでください。

 

保湿効果の高いあんずエキスやヒアルロン酸入りのジェルがおすすめです。

 

ジェルならべたつきを気にせず、腕に伸ばすことができます!

 

 

 

紫外線が当たらないお腹にまでイボ?!

お腹の肌は、普段は太陽に当たっていないせいか、

しっとりすべすべしていますね。

 

実は、そんなお腹にもイボはできます。

 

お腹にできるイボには、

ウイルス性イボもあれば老人性イボもあります。

 

まず、お腹にできるウイルス性イボについて、お話しましょう。

 

「洋服でお腹は隠れているから、

ウイルスの感染は考えられないんですけど・・・」

 

と思いますが、感染源は自分の手だったりします。

 

ウイルスがついた手で、服を着替える時に

お腹を触って感染してしまう、ということが多いんです。

 

 

ウイルス性のイボは痛みも痒みもないため、

自覚症状がないまま、着替えの時に下着や服をイボにひっかけてしまい、

更にウイルスが広がるということもあります。

 

 

お腹にウイルス性イボがいくつもポツポツとできてしまうのは、このためです。

 

次に、お腹にできる老人性イボについて説明します。

 

 

 

老人性イボの原因は紫外線だけではなかった?

紫外線に当てたつもりはないのに、

老人性イボがお腹にできることもあります。

 

老人性イボというのは、皮膚の角質化なんですね。

 

この角質化という現象は、

衣類と肌がこすれた時の摩擦が原因です。

 

 

手っ取り早くできる対策は、

コットンやシルクの下着 を身に着けることです。

 

自然素材の衣類を身に着けていると肌が保湿され、静電気の防止にもなります。

 

 

 

腕やお腹のイボは正しくケア!

顔や首だけでなく、老人性イボは腕やお腹にも出現することがわかりました。

 

「紫外線から肌を守る」

「規則正しい生活を送る」

など、当たり前のことだけど忘れがち・・・。

 

そして、忘れてならないのが、毎日のお手入れです。

 

お風呂上りに全身スキンケア!これを習慣にしましょう。

 

お風呂上りの肌は清潔で血行がいいので、

ジェルの有効成分が肌に浸透しやすいのです。

 

老人性イボに効果があると言われている

ハトムギエキス入りのジェルがおすすめ!

 

簡単にできるスキンケアだから、今日からでも始められます。

 

 >>売上1位のハトムギ入りの専用ジェルなら♪

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ