痛い老人性イボ?老人性イボに痛みが?ひょっとして、それは・・・?!

このイボは老人性イボなのかどうか、迷っているあなた。

 

そのイボに痛みはありますか?

老人性イボとは痛いものでしょうか?

 

実際には、老人性イボのほとんどは痛みがありません。

 

痛いと感じないので、

老人性イボができていたことに気が付かないケースもあります。

 

逆に、痛みのあるイボの正体は何なのでしょうか?

 

 

老人性イボは、どうして痛みを感じないのでしょうか?

 

ここで、あらためて老人性イボとは何かを簡単に振り返ってみますね。

 

老人性イボとは、

肌の新陳代謝が遅れることにより、皮膚が角質化した状態です。

 

角質の部分には、痛みを感じる神経がありません。

 

だから、老人性イボは痛くないんですね。

 

痛みはありませんが、やはりすべすべのお肌のほうが、

メイクの乗りもいいし気分が上がりますよね~。

 

お肌は健康のバロメーター。

 

日頃から、保湿性の高いジェルで肌を乾燥から防ぎ、

紫外線に強い肌を作るという心がけがポイント!先手必勝ですよ。

 

イボが痛いと感じる時は気を付けることがあります。

そのあたりを詳しくみてみましょう。

 

 

 

イボが痛い!そんなことって、あり?

老人性イボと間違いやすいウイルス性のイボも痛いとは思わないので、

老人性イボとウイルス性イボは区別がつきにくいことがあります。

 

それでは、痛みを伴うイボとは何でしょうか?

 

老人性イボそのものがズキズキ、

チクチクと痛みを発生することはありませんが「痛い!」

と感じる老人性イボがあります。

 

 

それは、どういうイボなのでしょうか?

 

よくあるパターンを2つご紹介します。

 

1.衣服に擦れて、老人性イボが痛いと感じる

2.イボが大きくなり垂れ下がり引っ張られた痛みを感じる

 

1のパターンですが、襟元が首イボに当たって痛みを覚えたり、

赤く炎症を起こすことがあります。

 

2のパターンは、高齢者の方に多くみられる、

脇の下とか脇腹にできる老人性イボです。

 

昔からハトムギがイボに効くと言われていますね。

 

ハトムギエキスが入ったジェルがおすすめです。

 

 

足裏のイボに痛みあり。これは老人性イボ?

足裏のイボで、よくあるのが魚の目です。

 

魚の目は靴擦れが原因で、

足指や足の裏の皮膚が角質化し、そこにくさび型の白い芯ができます。

 

芯が食い込むため、突き刺すような痛みが生じます。

 

魚の目以外に考えられる足裏のイボは、

自分で手入れができない可能性があります。

 

次のようなイボを発見したら、まずは皮膚科の診断を受けることをおすすめします。

1.尋常性疣贅:ウイルス性のイボ

2.水イボ:水泡ができる水泡の中にウイルスがあり、感染する

3.皮膚がん:ほくろのように見えますが、形がいびつなのが特徴

 

 

 

足にまつわるイボのトラブル 対策はあるの?

日常生活のちょっとした工夫で、魚の目や踵の角質を予防できます。

 

1.足を清潔にする

2.足が蒸れないように五本指ソックスや五本指ストッキングを履く

3.外出時に、替えのストッキング・靴下を用意

4.食生活・睡眠に気を付ける

5.お風呂で角質ケア→お風呂上りにジェルで保湿

 

 

ハトムギエキス入りの

ジェルタイプの保湿剤なら、全身にのばしやすいです。

 

角質かが気になる足元はもちろん、腕やお腹もスキンケア!

 

老人性イボができてから悩むより、毎日、予防しちゃう方が楽ですよ。

 

 

 >>艶つや習慣プラス公式サイトはコチラ!

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ