即効性はない!?購入前に知って欲しい2つのパターン!

 

ここで大事なことが2つあります。

 

1.肌質や老人性イボの大きさは「ひとりひとり違う」

 

2.最低でも3か月以上は使わないと肌は生まれ変われない

 

艶つや習慣プラスは、

「老人性イボが1週間で取れます」

と「だまし」のようなことは言っていません。

 

長く続けることが大事だとわかっているからこそ、

継続的に格安に利用できるサービスを提供しています。

 

 

 

即効性がない理由を明確にしてみた!

何故、即効性がないのでしょうか?

 

例えば、「シミが消えた」というフレーズを聞いた時、

シミを消しゴムで消している、そんなイメージがありませんか?

 

実は、そうではないんです。

 

私たちの体中の細胞は、絶え間なく生まれ変わっています。

 

肌の新陳代謝をよくしてあげて、

シミのある古い肌を垢として落として、

初めて「シミが消えた」という状態になります。

 

ここまでくるのに、最低でも3か月はかかります。

 

艶つや習慣プラスを見つけてくれた人の中には、

「もう、あれこれ高い化粧品を試してきて、どれも効果がなかった」

ということに疲れている方もいます。

 

去年だったら「半年、我慢できた」ことでも、

今となっては「一週間で効果を出したい!それ以上は待てない!!」

という心理になってしまいます。

 

 

ここで振り返ってみたいのは

「即効性がある=アレルギーや刺激の危険性もついてまわる」

ということなんです。

 

大手の国内メーカーさんで出した美白化粧品で、

白斑が出る被害が出たことは、まだ記憶に新しいかと思います。

 

これは、ロドデノールという医薬部外品有効成分です。

 

ロドデノール(正式名称はロドデンドロール)は、

メラニンが作られるのを抑える働きがあると言われており、

発見されたのは今をさかのぼること、1942年でした。

 

医薬部外品有効成分として

厚生労働省がロドデノールを認可したのが2008年。

 

2013年に白斑被害が多数報告されるに至りました。

 

 

毎日のケア 怠ってませんか?

せっかく、毎日、艶つや習慣プラスでケアをしていても、

それ以外の美肌育成要素が生活の中にないと、

老人性イボは図々しく居座ります。

 

ダイエットに例えていえば、

「カロリーゼロの飲料を飲んでいるから、私は太らない」

と思っていても、その一方で毎日ピザをぺろりと平らげていたら?

 

つまり、肌を再生するためには、食事、睡眠、ストレス対策という

「内側からのケア」に加えて、

艶つや習慣プラスや日焼け止めという「外側からのケア」を加えるのが効果的!

 

例えば、紫外線対策、ちゃんとやっていますか?

 

ここで、ちょっと勘違いされがちな日焼け止めの使い方もご説明します。

 

日焼け止めには「SPF」と「PA」のふたつの目安があります。

 

「SPF15の日焼け止めとSPF50の日焼け止めがあったら、

あなたはどちらのほうが紫外線を防止する効果が高いと思いますか?」

 

当然、SPF50の方が効果が高いと選んでしまいませんか?

 

 

でも、ここでちょっと待ってください。

 

SPFとはSun Protection Factorの略で、

紫外線B波(←シミの原因!)が日焼けを起こす時間を

「どれくらい遅らせることができるか」を表します。

 

日焼けを起こすまで、平均20分かかると言われています。

 

SPF50というのは、20分x50=1000分(16時間以上)も

「日焼けを起こす時間を遅らせる」というわけです。

 

朝、8時に家を出て16時間後まで日焼けしないってすごい!!

って、その前に日は暮れてます(笑)

 

だから、SPF50とは、肌に負担がかかる割には、現実的ではないんですね。

 

 

それではPAとは何でしょうか?

シワやたるみの原因となる紫外線A波を防ぐ効果を、

プラスマークの数で表しています。

 

SPFにばかり気を取られてしまいますが、

PAのプラスの数が多いほうがおすすめです。

 

超おすすめの日焼け止めクリームと、その使い方とは何でしょうか?!

 

①PA+++またはPA++++

②SPFは30で十分

③これを2~3時間おきに塗る

 

これなんです!

 

艶つや習慣プラスは、紫外線に耐えられる肌作りに役立ちますが、

日焼け止めジェルではないんです。

 

だから、昼間は効果の高い日焼け止めクリームを

まめに塗り直すことで、紫外線から肌を守ってあげてください。

 

 >>艶つや習慣プラス公式サイトはコチラ!

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ